海外で人気の日本のバス

座席

無料出張査定を利用

バスにはマイクロバスから50人は乗れる観光バスまであり、日本のバスはパワーもあって乗り心地もよく、故障も少ないとあって日本だけでなく、海外でも人気があります。特に右ハンドルの日本の中古バスは左側通行の東南アジア諸国で人気があり、右側通行の国でも特に改造することなく使われています。そのため、古くて手放そうと思った中古バスや車検が切れた中古バスであっても、輸出をすれば高く売ることができるので廃車にしないで売却するようにしましょう。中古バスを高く売ることができるところは、重機を専門で買取りをしている業者です。そのような業者は中古バスの程度や人気の度合いによって、整備して国内で販売したり、中古車販売業者に売却したり、海外に輸出したり、タイヤやパーツを取ったりと多くの販売ルートを利用して利益を出しています。買取業者はひとつだけでなく、ネットで調べるといくつも見つけることができます。一括して中古バスの査定をできるサイトもあるので、ひとつの買取業者を最初から使うと決めないで複数の業者に見積もりをとるようにしてください。電話やメールでもある程度の査定を受けることができますが、詳細な査定は業者の担当者が中古バスを見て行います。中古バスを運転していって査定してもらってもよいですが、無料で出張査定をしてくれる業者があるので利用して下さい。複数の買取業者に査定をしてもらうとすると業者間の距離はかなりあることが多いので、自分で持っていくのは大変です。